FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 41813693581217

Not Always So

賢明なる投資家
知性の足腰を鍛える

理想的書斎

1:ある程度歩ける空間があること
2:統計データを自在に閲覧できること
3:重要書籍をすぐに手に取ることができ
  内容を確認できること
4:世界の未加工情報がリアルタイムで把握できること


海外で言えば
British Museum Reading Room
大英博物館図書室が
知的空間の好例

あのドーム円形空間は見事だ
空間自体が芸術である

カールマルクスが通いつめ
資本論を執筆したことでも有名

マハトマ・ガンディー、ラドヤード・キプリング、
チャールズ・ディケンズ、
オスカー・ワイルド等が愛好したゆえん


思索のための歩ける空間と
検出利便性の分りやすい
万人が使える実例だと
国立国会図書館が近い

日本語に関しては
大抵の書籍が閲覧できる

上述はしかし
あくまで
図書館の本であるから
購入するか否かのラインを決める
参考のための役割程度であり
書き込みやアンダーラインは引けない


やはり
時間をかけ蔵書を構築し
整備された
自宅の書斎が
ベストとなろう

賢明なる投資家ならば
この様に熟考できる知的空間を
大切にしているはず。




4月
米消費者信頼感指数
確報値
84.1上昇
前月80.0
2013年7月
以来9カ月高水準

市場予想83.0上回
速報値82.6上方改定

景気現況指数95.7
98.7上昇
2007年7月
以来高水準

消費者期待指数74.7
前月70.0上昇

ロイターミシガン大学
http://jp.reuters.com/article/jpeconomy/idJPKBN0DB12U20140425




マーケットの名言

全ては
自分の頭の中にあるものなのだ。

他の場所にはない。

何かをする上で
良い結果を出そうと思えば
まずポジティブな考え方をすることだ。

自分の頭の中に
ポジティブな種をまくことだ。

Rickson Gracie
ヒクソン・グレイシー『心との戦い方』新潮社p251


(解説)


未来の全ては
あなたの頭の中にある。

外部にはない。


そうなんですか。
ポジティブになれば
全部上手くゆくんですねと

自分の心身を
自分の意のままに
簡単にその方へ持って行けるならば
すでに達人。

通常、そうは思えないのが凡下凡俗。

知識と技術が必要。

是があれば
コントロールは自在。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/2511-3a8c43f1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
data access interface
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 諸機関様
法律条項チェック済み

最近の記事

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん