FC2ブログ

知育研究 明知念想 悠々成功 明鏡止水 富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 4181369

How to solve it

G.polya
How to solve it
A new aspect of mathematical Method
いかにして問題をとくか
数学的な道筋による新しい見地

理系は読まれた経験が
ある方も多いかと思われる

優秀な数学者、技術者を
多数育てたであろう名著

この
いかにして問題を解くかの冒頭に

第一に問題を理解しなくてはならない
とある

問題を正確に理解しなくては
その問題を解けない
このアルゴリズムは
どこまでも常識的であり正しい

そこでトレーディングにおいての難問は

そもそも
問題とは何か?

この浮上点が
大半の参加者=ふうけものにとって分らないか
誤解している点にある

是が正確にわかるようになると
難問は解ける


上記は
『いかにして問題をとくか』丸善出版に邦訳されている





マーケットの名言

The test of a first-rate intelligence
is the ability to hold
two opposed ideas in mind
at the same time and
still retain the ability to function

Scott Fitzgerald


第一級の知性を計る基準は、
二つの相対立する思想を
同時に抱きながら、

しかも
それらを機能させる能力を
維持できるかどうかということである

スコット・フィッツジェラルド

(解説)

まさに此の通り。
意味が会得できるならば
至宝が躍動している。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/2598-93ce7ad1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

 深沢純二  junji fukasawa

Author: 深沢純二  junji fukasawa
海外在住 Quants Quantitative
クオンツ 美こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行 様
Bloomberg 様
REUTERS 様
記事リンク許可済み

最近の記事

FC2カウンター

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Strong luck

decoboko.jp

Template by たけやん