FC2ブログ

知育研究 明知念想 悠々成功 明鏡止水 富裕福17

非線形・非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 4181369

positive focus in life

FX trade inflection point time◎
投資 トレード
17:30 7月 失業保険申請件数◎
17:30 6月 失業率 ILO方式◎
18:00 4-6月期 四半期域内総生産GDP改定値前年同期比◎
20:00 6月 小売売上高 前年同月比
20:00 MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 7月 住宅着工件数 年率換算件数◎
21:30 7月 住宅着工件数 前月比◎
21:30 7月 建設許可件数 年率換算件数◎
27:00 FOMC 議事要旨◎

※ 知性の履歴書
実際にものをいうのは
どのような本を読んできたか?
この蓄積である
知性の履歴書には実効性がある
Bank of America Warns of an ‘Ominous’ Sign for Stocks
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-08-15/-ominous-sign-for-stocks-seen-by-bank-of-america-in-fund-survey

マーケットの名言

私のトレードは完全に非感情的だ
損失は私には何の影響もおよぼさない
なぜなら、損失とは収益を求めるプロセスで生じるものであり
時には損失も必要だと考えるからだ
私は自分が無知だと謙虚に受け止めている
大金を稼いでいるのに
何と無知なんだろうと心から思っている
ジム・ライトナーさん
リチャード・L・ピーターソン
脳とトレード
儲かる脳の作り方と鍛え方
ウィザードブックシリーズ p359
Inside the House of Money
Top Hedge Fund Traders on Profiting in the Global Markets
Steven Drobny
Wiley

(解説)

ジム・ライトナーさんはグローバル・マクロで有名
この世界のプロはどのように考えて参加しているのかの良い模範
Inside the House of Moneyはマーケットの魔術師のような
成功者へのインタビューとなっている
邦訳もある

グローバル・マクロ
マクロ経済、金利、為替のマクロ指標を活用しグローバルな投資を行う
株式、債券、通貨、先物などあらゆる投資をする
塾の考察資料であるジョージ・ソロス氏はその先駆

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/3710-ef39d82e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深沢純二 junji fukasawa

Author:深沢純二 junji fukasawa
海外在住 Quants Quantitative
クオンツ 美こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行 様
Bloomberg 様
REUTERS 様
記事リンク許可済み

最近の記事

FC2カウンター

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Strong luck

decoboko.jp

Template by たけやん