FC2ブログ

知育研究 明知念想 悠々成功 明鏡止水 富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 4181369

here and now

承前
継続
体系
階層性
⬇︎
それには経済問題の側面と
数学問題の側面とがある
自然は数学という言語によって語られる
つまりは数学の方がより本質的である
数学者はどうやって難問を解くのか?
考えるとはどういうことか?
塾の推薦図書
Edward O. Thorp氏
Beat the Dealer: A Winning Strategy for the Game of Twenty-One
こちらは邦訳されていて人気がある
以下も非常に有益である
Beat the Market: A Scientific Stock Market System
Random House; 1st edition October 1967
ヘッジファンドの基礎理念を数式で提示
歴史的良書である
アメリカの投資本を読んでいるとよく引用されている
このような良書から数学者の感性、考え方
成功へと導かれるその思考プロセスを学ぶ
賢明な先人の努力はありがたい

マーケットの名言

1970年ノーベル経済学賞のポール・サミュエルソン教授が
かつて物理学者から 経済学の考え方で大事な公理を
一つだけ挙げるとしたら 何を挙げるかと尋ねられた
サミュエルソン教授はためらいもなく
comparative advantage 比較優位 だと答えた
Terry Burnham
Mean Markets and Lizard Brains
How to Profit from the New Science of Irrationality
テリー バーナム
トカゲの脳と意地悪な市場p270
晃洋書房 2006/8

(解説)

トカゲの脳とは原初悩のことであり
大半の参加者が損をし続ける分析が随所になされている
よく考えられた なかなか良い本
生物学の研究をトレーディングする脳へと応用させた
このような脳の仕組みと投資の関連性とを
解明する分野は将来更に伸びるだろう
一般にはあまり知られていないが
少数派の賢者はこの関連性の重大さに気づいている

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/4816-ea41d8ed

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深沢純二 junji fukasawa

Author:深沢純二 junji fukasawa
海外在住 Quants Quantitative
クオンツ 美こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行 様
Bloomberg 様
REUTERS 様
記事リンク許可済み

最近の記事

FC2カウンター

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Strong luck

decoboko.jp

Template by たけやん