FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 4181369

heaven on earth

FX trade inflection point time◎
知性の投資 intelligence trade
◎次世代 trading
17:30 12月 PMI
17:50 12月 製造業 PMI
17:55 12月 PMI 改定値
18:00 12月 製造業購買担当者景気指数
23:45 12月 製造業購買担当者景気指数 PMI
24:00 11月 建設支出

マーケットの名言

habit is a cable; we weave a thread of it each day,
and it becomes so strong that we cannot break it
習慣とは ケーブルのようなものだ
毎日一本ずつ糸をひねり続けると
やがてそれは
断ち切れないほど強くなる
ホーレス・マン
Horace Mann
1796年5月4日-1859年8月2日

成果をあげる人に共通しているのは
自らの能力や存在を
成果に結びつける上で必要とされている習慣的な力である
企業や政府機関で働いていようと
病院の理事長や 大学の学長であろうと まったく同じ
知能や勤勉さ想像力や知識がいかに優れようと
そのような習慣的な力に欠ける人は
私の知る限り 成果をあげることができなかった
成果をあげることは一つの習慣
習慣的な能力の蓄積である
習慣的な能力は 常に習得に努めることが必要
習慣になるまで いやになるほど反復しなければならない
Peter Ferdinand Drucker
ピーター・ファーディナンド・ドラッカー
1909年11月19日 - 2005年11月11日

(解説)

わかっているようで わからないのが
自分自身の 思考の癖
無意識の思考と 行動の積み重ねが習慣である
考える以前に 自動的に行うので 
念をいれたコントロールが必須

マネジメントの新しい概念を提示された
その著作は知的な刺激に満ち 今読んでもとても面白い
実体が無いものに対し
あたかも 実体があるかの如き
錯覚するのが マーケットの世界
なぜ 錯覚し続けるのか?

egoが強いからである
egoでチャートを見ると そのように見える
トレーディングとは 外部の目先乱高下を当てるよりも
自己内面を整える ココロの整理の方が はるかに重要

不思議なことだが
自己内面をコントロールできるようになれば
定量利益もコントロールできるようになる

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/4922-a8440dd0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 法律条項確認済み

最近の記事

FC2カウンター

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん