FC2ブログ

知育研究 明知念想 悠々成功 明鏡止水 富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 4181369

more exemplary

承前
継続
体系
階層性

内的に成長する
楽しい時間の大切さ
step by step
毎日 一歩ずつ少しずつ前進

たのしいトレーディングとは
とても地道な基礎計算の蓄積です

ピアニストに憧れて日々基礎トレーニングに明け暮れる
musician 志望者と同じ

いくら憧れても
一足跳びに上手くはならない
技術は飛躍できません
飛躍できないのが 技術の特性です

この場合はこうすると
一つ一つ丁寧に 身体に覚えこませる
実に地道な基礎訓練が必要

この基礎訓練を乗り越えた者のみが
プロフェッショナルとなれる

この世の極上の宝=知性をうけとりましょう

ご覧のとおり胸襟を開き
賢明なる先人の英知と技術を修得すれば
トレーディングは秩序と調和に満たされたモノになる
この世には 何と頭の良い方がいらっしゃるか
知性のすさまじさを感じる
そのご努力には脱帽のみである

先人の英知を汲みとることに集中すると
この世が次第次第に進歩してゆくさまが良く分る

マーケットの名言

ソロスと 他のトレーダーとの違いは
ソロスが 可謬性を認めていることである
多くの人は 自分の仮説は正しいと考えるのだが
ソロスは 自分の仮説は間違っていると考えて
物事に取り組む事ができる
リチャード・L・ピーターソン
脳とトレード p290ー291
ウィザードブックシリーズ
パンローリング2011/8/12

(解説)

Fallibilism = 可謬 = かびゅう とは
知識についての あらゆる主張は 原理的には誤りうる
いかなる知識も 間違っている可能性があると言う立場

一般社会でのオトナは自分の意見は 正しくありたいと望んでいる

It must be so
no doubt
こうあらねばならない
そうに違いない
私の言うことに間違いない
・・・・
特に プライドが高い専門家はそうである

ところが ジョージ ソロス氏は 自分の誤りを実にあっさりと認めて
何の後悔も 葛藤もなく 反対のポジションをとり
逆についてしまうのだ
トレーディングの経験がある方はお分かりの通り
これは言うは易く 行うは難しの典型
つまりは
一定期間の 特異な心的トレーニングが必須である
大脳の神経回路を
賢明なトレーダーにふさわしく 新たに構築するトレーニングが必要

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/5114-3461e95e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

 深沢純二  junji fukasawa

Author: 深沢純二  junji fukasawa
海外在住 Quants Quantitative
クオンツ 美こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 法律条項確認済み

最近の記事

FC2カウンター

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Strong luck

decoboko.jp

Template by たけやん