FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 4181369

pass into

FX trade inflection point time◎
知性の投資 情報トレード
◎次世代トレーディング
07:45 7月 住宅建設許可件数
08:30 7月 失業率
08:30 7月 有効求人倍率
08:50 7月 鉱工業生産
08:50 7月 鉱工業生産速報値前年同月比
10:00 8月 PMI
10:00 8月 NBNZ企業信頼感
10:30 7月 住宅建設許可件数%
10:30 4-6月期 経常収支
14:00 7月 新設住宅着工戸数
14:00 8月 消費者態度指数
15:00 7月 マネーサプライM3
15:45 4-6月期 GDP
15:45 7月 PPI
15:45 7月 消費支出
15:45 8月 CPI
15:45 8月 CPI速報値前年同月比
16:55 8月 失業者数
16:55 8月 失業率
17:30 7月 消費者信用残高
17:30 7月 マネーサプライM4
17:30 7月 マネーサプライM4前年同月比
18:00 8月 HICP
18:00 8月 HICPコア指数速報値
19:00 外国為替平衡操作の実施状況
21:00 7月 貿易収支
21:30 6月 GDP
21:30 6月GDP前年同月比
21:30 4-6月期 四半期
22:00 6月 ケース・シラー米住宅価格指数
22:00 6月 住宅価格指数
22:00 4-6月期 四半期住宅価格指数
22:45 8月 シカゴ購買部協会景気指数
23:00 8月 コンファレンス・ボード

マーケットの名言

規律に対して はじめは 厳格に取り組み
次第に ゆるくなる傾向が ある
これはトレーディングにおいては 致命的なことです
マーケットにおいて 1000回勝ち 1回負けたとしても
その 1回で すべてを失うことも あるのです
したがって ロスカットをすることに 熱心に取り組むだけでは
十分ではないのです
必要なのは 明けても暮れても 一つ一つのトレードに対して
素早くロスカットを入れなければならないことを理解することなのです
どのような理由であれ 決して例外はないことを 理解するのです
J. Welles Wilder Jr.
The Adam Theory of Markets or What Matters Is Profit

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/5178-3707461d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

 深澤純二  junji fukasawa

Author: 深澤純二  junji fukasawa
海外在住 Quants Quantitative
クオンツ 美こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 法律条項確認済み

最近の記事

FC2カウンター

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Strong luck

decoboko.jp

Template by たけやん