FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 4181369

exactly right

FX trade inflection point time◎
知性の投資 intelligence trade
◎次世代 trading
10:45 11月 Caixinサービス部門購買担当者景気指数
16:45 10月 鉱工業生産
17:50 11月 PMI
17:55 11月 サービス部門PMI
18:00 11月 サービス部門購買担当者景気指数
18:30 11月 PMI
19:00 10月 小売売上高
19:00 10月 小売売上高  前年同月比
22:30 11月 新規雇用者数
22:30 11月 失業率
22:30 11月 非農業部門雇用者数変化
22:30 11月 失業率
22:30 11月 平均時給
22:30 11月 平均時給  前年同月比
22:30 7-9月期 四半期労働生産性指数
23:45 11月 サービス部門購買担当者景気指数
23:45 11月 総合購買担当者景気指数
24:00 11月 ISM非製造業景況指数
24:00 10月 製造業新規受注

マーケットの名言

ミクロレベルで ゲームの不確実性を信じ
同時にマクロレベルでゲームの優位性を信じる
カジノ胴元サイドと プロのギャンブラーは
この能力を有効的に用いてゲームを成功させる
各プレイの唯一性に対する信念は
各プレイの結果を予想しようという
無駄な努力を防いでくれる
次に何が起こるかわからないという事実を理解し
完全に受け止められるからだ
ここが重要だ
一貫した収益を残すために
 次に何が起こるか知る必要はない
次に何が起こるか 知る必要がないのなら
個々のプレーや ルーレットやサイコロに
特別な意義や 感情を移入する必要はない
Mark Douglas
Trading in the Zone
Master the Market with Confidence, Discipline and a Winning Attitude
Jan 1, 2001
マーク・ダグラス
ゾーン
相場心理学入門
2002/3/13

(解説)

このようなコトがよくわかるようなってから
ゆっくりと 少しずつ 参加したほうがよい
このレベルの賢者は とても少ない
それゆえ 賢者のゲームは 少数派が勝者となる
参加する以上は 必ず 賢者のサイドにまわること
頭の良い塾生諸君が よいお手本となっています

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/5275-1053742f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 法律条項確認済み

最近の記事

FC2カウンター

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん