FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 41813693581217

brace one's energies

承前
継続
体系
階層性
⬇︎
外国為替は
テムズのディーリングルームで動く
英ポンドは 荒れ馬と言われている
激しい乱高下が  その性格だ
そのポンド
対米ドルで 史上最安値更新
ドル指数 20年ぶりの高値
ドル高で リスク資産
テムズ川
ロンドンと海とをつなぐ

外為のメッカ
シティ
ロンドン
イングランド銀行 ロンドン証券取引所 金融機関
世界最大の金融センター
1日当たり外国為替取引額 
イギリス 3兆5760億ドル 43.1% 
世界の為替取引の 43.1%を占める 
アメリカは 16.5%
2019年データ

外貨準備高
日本 世界第2位
およそ1兆2920億ドル 約185兆円

イギリス
およそ1900億ドル
外貨準備高が
イギリスの 約7倍近くもある日本

外貨準備高
流動性の高い 外国債券 外貨建定期預金 外貨建資産
外国為替相場の急激な変動を
安定させるための為替介入に利用
⬇︎
世界が注目している
Yield curve
⬇︎
Yield curve
イールドカーブ
利回り曲線
金利 期間構造
右上がり=償還までの期間が長いほど利回りが高い=順イールド
右下がり=償還までの期間が短いほど利回りが高い=逆イールド
⬇︎
残存期間が長いほど現金として返ってくるのに
時間がかかるプレミアムがつき
金利変動リスクが高まることなどから通常は
利回りは残存期間が長くなるほど高くなり
イールドカーブは右上がりの曲線となる→順イールド
⬇︎
金融緩和時・平常時→順イールド
金融引き締め時→逆イールド
イールドカーブ傾きが大きくなる=スティープ化
イールドカーブ傾きが小さくなる=フラット化

マーケットの名言

メア・スタットマンは
経済学部の学生の頃から
人々が問題を全体ではなく
むしろ個々の事象として
注意する傾向があることに気づき
非合理的行動に関心を持ち始めた
マーコビッツの共分散であるということを理解できずに
不完全な結論を導いていた
Peter L. Bernstein
ピーター バーンスタイン
リスク p387
神々への反逆
日本経済新聞社  1998・8・24

(解説)

精神的会計への
基本的な思考術を得るには非常に良い本だ
社会へどのように知識を還元してゆくのか
学者としての良い仕事の模範
ハリー・M.マーコビッツ
ポートフォリオ選択論
効率的な分散投資法 1969年

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/5563-b211a716

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
data access interface
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 諸機関様
法律条項チェック済み

最近の記事

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん