FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 41813693581217

Reflections on

承前
継続
体系
階層性
⬇︎
上場株式・債券 = 伝統的資産
⬇︎
オルタナティブ alternative = 代わりの 代替の
新しい投資対象
投資手法=オルタナティブ投資
投資信託 運用手段
農産物 鉱物 不動産 未公開株 金融技術先物 オプション スワップ
⬇︎
システムを楽しむのが賢者
仕事を楽しむから 
その結果として成功するのだ
大半は逆に考えているが
⬇︎
特化された専門分野
成功している方の共通項はタノシムこと
Mastery
マスタリー
特異技術と専門知識へ
精通し習熟する
⬇︎
はじめは困難であったことが
トレーニングを重ねるにしたがい
しだいに簡単になり
しかも 楽しいものに
変わっていく不思議なプロセス
⬇︎
それは 自分の仕事に熱中しているときが
いちばん 自分が活き活きとして
いちばん 楽しいということを
自分自身でよく知っているということ
ルーティンワーク=
ノートを書く 計算をする
実に地道な 仕事そのものの中に
非常なる興味
極上の醍醐味
没頭する歓喜を味わう
目先の成果という果実ではなく
プロセスそのものに愛着を持つ
⬇︎
仕事にも関わらず
報酬や名声は 眼中になくなる
内的世界の充実感に比べれば
それらはとても小さい
逆説的だが 
また 不思議でもあるが
このようなフロー状態のときのほうが
世俗の報奨たる報酬や 名声は高まる

マーケットの名言

世界を変えるには
自分自身から変えなくてはならない
この自分自身から変化を始めるときに
大切なのは 目的である
目的は 自分自身を理解すること
また他人を変化させるのを他人まかせにしない
ということでなくてはならない
このことは私の責任である
ジッドゥ・クリシュナムルティ
Jiddu Krishnamurti
1895年5月12 日 - 1986年2月17日
自己を知る 最初で最後の自由

(解説)

自分自身を進化させてゆくこと
最重要なんだが
案外気づかないのが 
この自分自身の内面の成長

大脳を生き生きとさせる
自分の考え方を進化させ向上させるため
外国語は役に立つ
母国語で考えている時と
外国語で話して思考している時とは感覚が随分と異なる
新しい外国語に挑戦してみるのも良い
また 古典も役に立つ
つまり 日常性からの離陸だ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/5897-3177262e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
data access interface
the art of trading
business management
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 諸機関様
法律条項チェック済み

最近の記事

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん