FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 41813693581217

pattern of marks

承前
継続
体系
階層性
⬇︎
Benjamin Graham
The Intelligent Investor:
The Definitive Book On Value Investing.
A Book Of Practical Counsel
Revised Edition Collins Business Essentials

1949年に出版された金字塔
現代の投資はこの書からはじまる

Intelligent とは 知性ある 聡明な 賢明なという意味
知性を使い賢明な投資をしましょうという主旨
証券時代をはるかに先読みした見事な本
Benjamin Graham先生は学生時代に教授職を打診されたほどの秀才
原文を読めばそのシャープな文体に魅了されるはず

逆にいえば 
知性がない投資は痛い目にあうということだ

2026年からいよいよ
自動運転の時代です
電子工学的 物理的には すでに十分可能レベルです
自動運転車は私もすでに体験し 違和感はありません
このような基礎技術は
あっという間に広まります
法整備が急務ですが
これも近日中に解決されるでしょう

とても古風な社会と
最先端のテクノロジーとの共存
海外から日本を見ると
伝統と歴史を どこまでも重んじながら
現代知に立脚した豊かな国家
世界がいかに広いといえども
文化の歴史をこれほど遡れる国家は
他にはありえない
これが日本の最大のメリットだ

マーケットの名言

チャンスは自分の内面にある
境遇や運や他人の援助のなかにはない
ただひたすら自分の中にある
目標に 自分自身の力を
集中させることによって
すべての偉大な者は偉大となり
すべての成功者は成功した
オリソン・スウェット・マーデン
Dr. Orison Swett Marden
1848–1924

仲間より成功した人は
人生のはやい時期にその目標を見極め
自分の力を常にその目標に注いだ人である
その人の特殊な才能は
目標を変えなかったことによって
鋭くなった優れた観察力だと言える
慎重に物事を見つけ
そして断固とした態度で決断する人こそ
知らず知らず天才になるのだ
Edward George Earle Lytton Bulwer-Lytton
25 May 1803 – 18 January 1873
エドワード・ジョージ・アール・リットン・ブルワー=リットン

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/5950-d497e66c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
data access interface
the art of trading
business management
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 諸機関様
法律条項チェック済み

最近の記事

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん