FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 41813693581217

being persevering

承前
継続
体系
階層性
⬇︎
現実とは創造してゆく対象
あなたの現実とは
日々あなたが創造してゆくのだ
毎朝のトレーニングでイメージを構築する必要性がある
誰かのせいにしてはいけない
すべての責任も果実も自分にある

いちばん役に立つ講義
研究とは自分自身で考えないと
本質的なことは何もわからないということ
単に他人の話をうのみにしているだけでは
内面的な進歩はない

理想像を描く
はっきりとした イメージ
尊敬するイメージがある人は 成功しやすい
人は 感動で動く
尊敬するココロは
心の根底にある持続エネルギー
客から尊敬される企業は強い
賢者はテクニックを知る
⬇︎
顧客から
尊敬されるようになれば
たとえ他の会社が安い価格を提示しても
買って下さるだろう
⬇︎
賢明な思考の着実な積み重ねが
資本主義経済を支えている
哲学的に思考するとは
様々なそれまでの経緯を捨象し
ゼロベースから考えること

確実にイメージする魔力
すでにわかっている未来
はっきりとわかっている
計算済みの未来

レピュテーション
reputation
評判 評価 信用
レピュテーションリスク
ネガティブな評判 ブランド毀損 企業価値 信用の低下

豊かな国 日本
歴史的に見ると
もっとも豊かな日本であり
世界的に見ても安全であり安心
こんなに豊かでいい国はないでしょうね

Yuval Noah Harari
21 Lessons for the 21st Century Hardcover – September 4, 2018
Andy Puddicombe
THE HEADSPACE GUIDE TO MEDITATION AND MINDFULNESSSep 27, 2016
Economy in Favorable Place,

マーケットの名言

有術則制人
無術則制於人

術じゅつあれば
則すなわち 人ひとを制せいし
術じゅつなければ
則すなわち 人ひとに制せいせらる
知恵は 禍福の門戸なり
陰徳あれば 陽報あり
一葉の落つるを見て 
歳のまさに暮れなんとするを知り
瓶中の氷をみて
天下の寒きを知る
淮南子 えなんじ
劉 安 りゅう あん
紀元前179年 - 紀元前122年
前漢の学者

(解説)
 
2100年以上も前の 古い文章であるが
現代でも翻訳されて読まれている
現代人が 真理を感じるからだろう

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/6000-192ef35e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
data access interface
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 諸機関様
法律条項チェック済み

最近の記事

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん