FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 41813693581217

following the trend

FX trade inflection point time◎
知性の投資 intelligence
◎次世代 trading
08:30   オーストラリア 02月 Westpac消費者信頼感指数
08:50   01月 国内企業物価
08:50   01月 国内企業物価前月比
09:30   オーストラリア 01月 NAB企業景況感
11:00   ニュージーランド 第1四半期 2年インフレ予想
15:30   フランス 第4四半期 失業率
16:00   イギリス 01月 失業率
16:00   イギリス 01月 失業保険申請件数
16:00   イギリス 12月 ILO失業率
16:30   スイス 01月 消費者物価指数CPI
16:30   スイス 01月 消費者物価指数CPI前月比
19:00   ドイツ 02月 ZEW景況感指数
19:00   欧州連合 02月 ユーロ圏ZEW景況感指数
22:30   01月 消費者物価指数 CPI
22:30   01月 消費者物価指数 CPI 食品 エネルギー除コア
22:30   01月 消費者物価指数 CPI 前年比
22:30   01月 消費者物価指数 CPI 食品 エネルギー除くコア 前年比
※ドイツ 12月 経常収支

マーケットの名言

投資家が
取り組まなければならない
最大の問題は 常にノイズと 
ムダ口を 浴びせられること
ノイズとは 意味のない
ランダムな 短期の情報のことで
基本的に投資の意思決定とは無関係
投資家にとっての 大きな試練は
圧倒されるほどの
膨大な情報と 意見の中から
知識を蒸留し
そこから 投資にかかわる意味を
どうやって抽出するするかにある
Barton Biggs
hedgehogging
バートンビッグス
ヘッジホッグ
アブない金融錬金術師たち
日本経済新聞出版社2007/1 p149

(解説)

100年ほども前に
ベンジャミン・グレアム先生は
情報が多すぎて異常だと言っています

一流情報と 
三流情報とを
区別できる能力こそが
投資家に求められる知性である

一流情報は とても少なく
三流のそれは 限りなく多い

知性こそが
この世界の王の中の王
賢者たる勝者は 本質を見抜く
しかし
多数派の愚者はノイズに振り回されている
大半の愚者は
これに気づけないから 敗者となる

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/6067-3d5482f7

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
data access interface
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 諸機関様
法律条項チェック済み

最近の記事

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん