FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 41813693581217

investment principles

承前
継続
体系
階層性
⬇︎
ギリシャ アクロポリス
ディオニソス屋外円形劇場
陶酔する芸術と人間心理の深さ
紀元前の劇場空間
いきいきとした舞台が
2500年の時をへだて
よみがえるようでもある 劇場空間の神秘
ギリシャ神話に登場
豊穣 陶酔の神ディオニソス
アイスキュロス エウリピデス ソポクレス

うっとりするほどの
限りなきオモシロさに
プロフェッショナルほど
難問にとろけそうになるはず
新しい世界を見る
毎朝の心構えこそ
人生の成功を決定する
知の楽しさの発見
難問を前にした 数学者と同じだ
難しれければ難しいほど オモシロい
⬇︎
勝者は 内面に視点を置き
愚者は 外部に翻弄される
⬇︎
勝者は自分の内的コントロール
内面のテクニックにこそ 日々の課題を発見し
克服し 視点を向けている
⬇︎
不思議なことだが
内面に視点を向けるほど 成功できる
自由自在にできるのは自分のココロ
テキスト・計画書に沿い よく考え実行する
内面を深く 深く新しい視点から考えること
きちんと実行すること
これらを熱心に行えば
投資家として 確実に成功できる
逆に言えば 成功できないとすれば
考え方が間違っているか
きちんと実行すべきことを実行していないかのどちらか
斬新 着眼点 とらえ方
発想術習得 construct

マーケットの名言

真実のために死を選ぶ
という若者は多い
しかし 真実が何かを知るために
5年間 忍耐強く 学び続ける
という若者は ほとんどいない

真実のために死ぬ方が
少しずつ学ぶという規律をもつことよりも
ドラマティックに聞こえるものだ
1日 1ヵ月 5年間と 粘り強く学ぶよりも
死を選ぶのだ

でも よく考えると
毎日 規律をもって粘り強く学ぶことよりも
真実のために死ぬ方が ずっと簡単なのだ
フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー
Фёдор Миха́йлович Достое́вский
1821年11月11日- 1881年2月9日

(解説)

どのような分野でも
熱狂的に粘り強いのがプロ
この粘り強さは 一流のプロの手法である
毎日  規律をもって
粘り強く学んだ者だけが 成功者となれる
この世の秘密を知ることができよう
成功者が少数派である理由もわかろうもの
これは  あらゆる分野に応用できる

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/6085-4a14873d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
data access interface
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 諸機関様
法律条項チェック済み

最近の記事

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん