FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 41813693581217

without discrimination

承前
継続
体系
階層性
⬇︎
マーケットのシステムは ますます繁栄する
なぜわかるのか?というと
チャートは究極のシンプルさを実現しているからだ
上昇か下落かの alternative judgment 二者択一
これ以上シンプルにできない究極性
シンプルを極めた このシステムは実にすばらしい
たとえば 企業業績の決算発表の数字が良くても
発表後に下落することもある 
すでに織り込んでいるケースだ
前年同期比50%増収増益ならば チャートが50%上昇するなどという
決算書を使った複雑なシステムではない
現実にはシンプルの極致であり 
上昇か下落かしかない
このようなシンプルの極致のシステムは 非常に強い
シンプルさは永続するのが歴史の教えだ
⬇︎
人間は考える葦である
ブレーズ・パスカル
Blaise Pascal
1623年6月19日 - 1662年8月19日
パンセ

人間の最大の能力は
考えることにある
まさに人間とは考えるタンパク質である
人間にとって最重要なのは その人の思考である
ところが思考するための
専門的なトレーニングを受けている人は少ない

マーケットの名言

思考とは
何であるかを知っている人間は
成功からも失敗からも 
非常に多くのことを学ぶ
私の人生哲学は
本質的には単純な言葉だが
粘り強く努力を継続するところにある

人間は 理性の生き物でもなければ
本能の生き物でもない
人間とは 習慣の生き物である
強い意志と弱い意志の主な相違は
知的なものであって それは
どれほど粘り強く十分に結果を考え抜くかという点にある
成長には必ず抵抗が伴う
成長には必ず対抗勢力が現れる
反対に 何の疑われることもなく
何の迫害もなければ 成長の理由そのものが存在しなくなってしまいます
悪人とは いかに善良な過去を持っていても
まさに堕落の道をたどろうとし 善良さの度合いが減退する人間である
善人とは いかに道徳的に価値の少ない過去を持っていようと
さらに善に向かって進んでいる人間である
ジョン・デューイ
John Dewey
1859年10月20日 - 1952年6月1日

(解説)

気象でよく使われるパスカル
圧力の単位=Pa パスカルは氏の名前に敬意をあらわしてつけられた
1気圧=101325Pa
100ごと=h ヘクト
1気圧=1013.25ヘクト・パスカル

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/6129-765bf7a0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
data access interface
the art of trading
business management
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 諸機関様
法律条項チェック済み

最近の記事

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん