FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 41813693581217

qualitative approach

承前
継続
体系
階層性
⬇︎
25兆3390億円 黒字
年度累積黒字額
過去最大
投資収益 大幅増
日本企業の偉大な底力
2023年度 経常収支
国際収支速報
財務省

※ sterilized intervention
不胎化介入 ふたいかかいにゅう
影響を取り除くこと=sterilize=不胎化
金融調節を実施して自国通貨の供給量の変化を相殺
為替介入によって受動的に金融緩和などの効果が生じてしまうことを防ぐ狙い

※ un-sterilized intervention
非不胎化介入
中央銀行による外国為替市場介入
外貨の売買に伴う金融市場の需給変動に対し
公開市場操作 オペ による相殺措置を行わない介入手法
非不胎化介入
外貨準備の増加に応じてマネタリーベースも増加
金利低下やマネーサプライ上昇

需要曲線と供給曲線
基本中の基本だが
ピンポイントの交点
経営のすべては この交点にある
このピンポイントがわかれば
経営のコツ そのすべてがわかる
経済のオモシロさは波及効果にある
同様に チャートは四本値にすべて含まれてゆく
四本値の魔術師たるゆえんだ
⬇︎
顧客のために企業はある
客のためにこそ店はある

存在理由はこれしかない
ビジネスの核心中の核心がここにある
課題と解決策とがここに集約されている
この核心に集中している企業は繁栄する
ここから目をそらしてはいけない
逸脱すれば没落する

こころを知る
客から尊敬されるビジネスは強い
客の方をしっかり向いてビジネスをしている
これほど当たり前のことはないが
これほど おざなりにされている思想もない
徹頭徹尾この哲学を貫き
徹底して実践している企業は少ないだろうね
⬇︎
お客様に有利な商いを 毎日続けよ
店は客のためにあり
店員とともに栄え
店主とともに滅びる
商業界の創設者
倉本長治さん

マーケットの名言

店は客のためにある
とは 経営者の体裁を繕つくろう美辞麗句でもなければ
耳に心地よいスローガンでもありません
経営のありとあらゆることを
これに徹する覚悟と実践を求める 決意の言葉なのです
極めてシンプルな表現の内に
商いの原理原則のすべてが込められています
ファーストリテイリング 柳井正さん
出典:店は客のためにあり 店員とともに栄え 店主とともに滅びる
倉本長治の商人学 笹井清範著

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/6152-7e64df15

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
data access interface
the art of trading
business management
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 諸機関様
法律条項チェック済み

最近の記事

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん