FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 41813693581217

a high level of redundancy

承前
継続
体系
階層性
⬇︎
Ratchet Effect
ラチェット効果
経済行動の非対称性
上昇した 価格や支出 生産量
後に縮小しない現象
企業の生産量や消費者の消費水準が 上昇すると
それが新たな基準となり そのレベル以下に下がりづらい

information asymmetry
情報の非対称性
ある情報を一部だけが持ち 他が持たない

PSR
Price to Sales Rate
株価売上高倍率
時価総額÷年間売上高
時価総額=株価×発行枚数

Redundancy
冗長性
情報理論の冗長性とは 
情報を妨げ 効率性の邪魔する 雑音のこと
データを転送する際に ムダに使われている部分の量
システム障害時に 複数のルートを運用
複数のソリューションを用意し 緊急時に備える=冗長化
安全性が確保

交通機関の冗長性の高いシステム

運行管理や送電ルートを多重化する
想定外のトラブルが起きても安全に運行できる
これが冗長性の高いシステム

冗長性のわかりやすい説明です
リニア中央新幹線の公式ページには
次のように記載されています 
⬇︎
停電が発生しても 車両が高速で走行している間は
浮上力が常に生じているため 車両は急に地面に落下することなく 安全に停止します
さらに 1か所の変電所が停電した場合でも
隣接する変電所からの給電が可能であるなど 
冗長性の高いシステムとなっています

マーケットの名言

情報サービスは 予想をしているが
だれもそれを 真剣に受け取ってはいない
いずれも当たり外れがあるからだ
彼らはできるだけ 断定的な物言いをせず
完全な間違いを指摘されるのを回避する
何が起ころうとうまく言い逃れられるように
どちらともとれる言い回しをする技術を発達させた
The Intelligent Investor
Benjamin Graham
ベンジャミン グレアム
賢明なる投資家 p225
割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法
2000/9

(解説)

知性こそが成功レベルを決める
初版1949年
後世の現代執筆者を加え
新たに編集された増補版もよい
Benjamin Graham
ベンジャミン グレアムさん
1894年5月8日 - 1976年9月21日
Security Analysys 1934年

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/6153-9a7cbdcc

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
data access interface
the art of trading
business management
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 諸機関様
法律条項チェック済み

最近の記事

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん