FC2ブログ

知育研究  明知念想  明窓浄机  悠々成功  明鏡止水  富裕福17

非線形 非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 4181369

成長経済の本質

マーケットの名言
社会保障制度の素晴らしさは、それが年金数理的な会計上は収支が均衡せず破綻しているという、まさにその点にある。引退する年齢に達した者は誰でも、自分がこれまでに払い込んだ額を遥かに上回る金額に相当する社会保障制度の便益を受け取れる。
一体、どうしてこんなことが可能なのだろうか?その理由は、国民所得が複利的に成長し、しかも可能な限りの将来にわたってその成長が持続するという事実にある。人口が増加する国では、若年者の数は高齢者の数を必ず上回る。更に重要なのは次の点である。実質所得が年3%で成長を続ける限りは、社会保障制度の毎年の支出を賄う課税ベースからの収入が、退職者が現役中に社会保障のために払い込んだ税額を大幅に上回るのだ。成長する経済とは、かつて構想された中でもっとも壮大な「ねずみ講」である。
竹森俊平『資本主義は嫌いですか』日本経済新聞出版社p83-4

(解説)

上述は、ポール・サミュエルソンが1967年に執筆した文章。応用哲学の一派として経済学をとらえてゆくと、その面白さが分かる。そんな、経済の面白さを教えてくれる好著である。哲学的に考えるとは、常に本質から物事を考える習慣を身につけること。練習をしてゆくと、物事の本質を見抜けるようになる。経済活動ではこれが大切。日常起こる種々雑多なニュースは、あくまで表面的なもの。その裏に起こっている本質的なものを理解しなくては、踊らされ流されて終わってしまう。

コメント

おはようございます。
「ねずみ講」の例え、なるほどと納得しました。
昨年秋、アメリカからの年次改革要望書の中のひとつに、「公的年金制度の破綻」が掲げてあったそうです。
そろそろ無理が出てきているとの解釈なのでしょうか。
「ねずみ講」ならば、いずれ破綻するのは目に見えていますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://dai25.jp/tb.php/842-bd74bedf

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深澤純二  junji fukasawa

Author:深澤純二  junji fukasawa
Quants Quantitative
クオンツ 美の極こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact multilingual
幼少・computer programming
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macro economics
distributed artificial intelligence
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行様 Bloomberg様 REUTERS様
記事リンク許可済み
金融庁様 関東財務局様 法律条項確認済み

最近の記事

FC2カウンター

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん